NPO法人富士山の森を守るホシガラスの会
スペーサー
枠上
Home
枠下
スペーサー
枠上
活動の背景
枠下
スペーサー
枠上
活動記録
枠下
スペーサー
枠上
この会について
枠下
スペーサー
枠上
入会申し込み
枠下
スペーサー
枠下
お問い合わせはこちらへ
枠下
スペーサースペーサー
枠下
サイトマップ
枠下
スペーサースペーサー
枠下
ホシガラスって?
枠下
スペーサースペーサー
ホシガラスくん
皆様のご支援により活動しております
(一社)印野郷土振興協会
富士急行株式会社
御殿場ロータリークラブ
御殿場市
御殿場市財産区連絡協議会
一般会員の皆様
-
NPO設立およびこれまでの活動にご支援いただきました
(一財)須山振興会
(一社)印野郷土振興協会
(一社)玉穂報徳会
(一社)中畑愛郷会
(一社)原里愛郷振興協会
(一社)竈報徳社
(一社)御殿場愛郷報徳社
(一社)古沢共和会
(一社)一色郷栄会
(一社)須走彰徳山林会
フジヤマリゾート(株)
(公財)粟井英朗環境財団
スペーサー
 わたしたちは、富士山の森を真に豊かな森とするための具体的な対策を推進する団体を目指しています。富士山の森は大変荒廃しつつあります。その原因は多岐に渡りますので一朝一夕にはまいりませんが、森林所有者とも課題を共有しながら「焦らず、あわてず」前進したいと思っています。賛同いただける方は是非一緒に挑戦していきませんか。お待ちしています。
理事長 横山澄夫
-

わたしたちは富士山の森の生物多様性と水源かん養機能の復元を目指します。こどもたちがふるさとの森で学ぶことができる環境教育の充実に取り組みます。

-
これまでの活動報告・冊子などです。活動記録はこちらをご覧ください。
冊子、ガイドブックはダウンロードして個人的にご利用いただいて構いません。(転載は固くお断りします)
区切り線
平成30年度
区切り線

2018年7月 自然観察ガイド・富士山御殿場口の自然観察

富士山御殿場口の自然観察(PDF3990k)

 小学生以上を対象にした自然観察ガイド「富士山御殿場口の自然観察」(A5版 6ページ)を作成しました。御殿場口の雪代跡に見られる先駆植物(パイオニア植物)と、島のような植物群落(パッチ)の中とその周辺で見られる主な植物を収録しました。また、森林限界と森の中など、それぞれの場所の特徴とそこで見られる植物の一部を紹介しています。植物の他に、野鳥、動物、昆虫、花や昆虫の拡大写真なども掲載しました。
 御殿場口新五合目駐車場周辺では植樹活動により自然景観が失われており、調査で記録した186種の植物のうち120種が外来種を含む非在来種です。御殿場口火山荒原本来の自然を観察するには登山道を大石茶屋近くまで登らなければなりません。裏表紙には御殿場口で繁殖が進んでいる外来植物と侵入植物を掲載しました。

区切り線
2018年7月 日立ハイテクサイエンス小山事業所 生物多様性プロジェクトへの支援・事業報告書
日立ハイテクサイエンス小山事業所 生物多様性プロジェクトへの支援・事業報告書(PDF3020k)  このプロジェクトは日立ハイテクサイエンス小山事業所敷地内の人工林を伐採し、雑木林などの森づくりにより生物多様性を創出するもので、研究施設としては日本初のJPEP認証を取得したものです。
 2015年、当会は小山町からの要請を受け、プロジェクトに協力をすることを決定し、同社に森づくりへの子供たちの参加、観察など開かれた学習フィールドにすることなどを提案し、伐採前の環境調査を開始ししました。この調査は生物多様性がどのように推移してゆくかを把握するための基礎データを取得するもので、プロジェクトには特に重要な調査といえます。2016年より、区域ごとの植物相調査を行い、11月、外来植物への対応、森づくり、多様性創造について本社(日立ハイテクノロジーズ)と意見交換を行いました。2016年11月、動物調査用のセンサーカメラで動物調査を実施、2016年、2017年に野鳥の生息調査を行い基礎データとしました。
区切り線
平成29年度
区切り線
2018年3月 冊子・富士山御殿場口の自然環境と課題 (P5 地図「獅子岩」の位置を修正 2018.11)
富士山御殿場口の自然環境と課題・植樹
(PDF 32900K)
 御殿場口の火山高原は植樹活動により外来種を含む非在来植物が激増するという極めて深刻な状態であることから、当会は平成27年度より、御殿場市環境課との市民協働型まちづくり事業として、御殿場口周辺の自然環境調査と侵入植物の駆除に取り組んできました。この冊子(A4版 64ページ)は、御殿場口周辺の自然を正しく理解し、課題を明確にすることを目的に、御殿場口および周辺地域の過去の記録と3年間の調査を基に作成し、資料として富士山の森林、草原、歴史なども掲載しています。侵入植物の駆除には長期の取り組みが必要です。御殿場口の自然環境を守るためにはどうしたらよいか、どのように自然と関わるべきかを考える上で、本書がその一助になることを願っています。
 冊子は1000部印刷し、御殿場市および市民活動支援センターなどにより平成29年度内に約900部が配布されました。(新聞記事・静岡新聞 日韓静岡 岳麓新聞)
区切り線
平成28年度
区切り線
2017年2月 御殿場口雪代堆積地の温度変化
雪代堆積地の温度変化(PDF 858K)  この周辺は、「リセット」された環境(自然)になっているので、年月を掛けて観察、地点をずらして観察することで、砂礫地から林に遷移する自然の営みをみることができます。
これを眺めることは、広く言えば地球営みを眺めることになります。大きく眺めれば大きく、小さく眺めれば小さく、眺める人の感性と知識でどのようにも眺められます。環境を学び自然の営みの深さや人知の至らぬことを味わうことで、富士山ばかりでなく自然にたいする構えが変わってきます。特に小学生、中学生、高校生(もちろん大人も)には、自然の営みを体感して、さらに科学的に眺めることを学んでいただけたらと願います。(明治大学現象数理学科特任准教授 佐藤一)
区切り線
2017年2月 御殿場口雪代堆積地の植生調査と侵入植物除去活動
御殿場口雪代堆積地の植生調査と侵入植物除去活動(PDF 3240K)  御殿場口での植樹活動は、当初、麓の雑草を持ち込まないようにするため、苗の土を落とし、ピートモス(園芸用培養土)を利用するなどの対策がとられましたが、2000年代になり、植栽活動を行っている一部の団体がポット苗と土壌改良を目的とした肥料などを持ち込んだことにより帰化植物を含む非在来植物が激増しました。2014年11月、県から当会に御殿場口の外来植物についての情報提供の要請があり、当会は県に対し現状を説明するとともに植栽活動を行う関係者間の問題共有を図ることを要望しました。県は、2014年12月、情報交換会を開催、各団体間に侵入植物の問題が共有され、対策が必要であることを確認しました。当会は侵入植物の調査と駆除への取り組みを開始しました。(新聞記事・「富士山の生態系守る」静岡新聞 2016.8.11)
区切り線
2016年12月 富士山国有林須山口周辺部の活動と植生保護柵の効果
富士山国有林須山口周辺部の活動と植生保護柵の効果(PDF 2230K)

 2013年4月、当会(NPO設立準備会)は静岡森林管理署を訪問し、鹿の食害から植物相を保存するため天然林への柵の設置などを要望しました。同署ではすでに水ヶ塚区域への柵を設置する計画があり、当会の要望を受けて協働で現地調査を行い旧須山口周辺に4基の柵を設置することを決定、2013年11月~12月、静岡森林管理署、常葉大学と協働で旧須山口周辺標高1400m~1500mの天然林に4基の植生保護柵を設置しました。当会は周辺地域の食害の調査、動物学者今泉忠明先生の指導による動物調査などと並行して柵の保守管理を担当しています。柵の内外でのコドラートによる植生調査、柵内の地掻き試験などを行い、柵設置3年後の効果を検証し、調査結果をまとめました。

区切り線
2016年10月4日 東臼塚草原植生保護柵の効果・中間報告
東臼塚草原植生保護柵の効果・中間報告(PDF 1240K)  旧東臼塚周遊コースは1996年9月の台風17号による風倒木により遊歩道は寸断されて通行困難となり、その後の営林署の再編などにより東臼塚周遊コースは整備されることなく閉鎖されました。当会は遊歩道の再開を模索するため、2014年に予備調査〈調査リポート「東臼塚調査(予備調査)2014年6月14日」〉を実施した結果、コース上の湿地性草原はニホンジカの食圧により希少種が消滅するなど、植物の著しい衰退が見られることを確認、調査リポートを静岡森林管理署に提出しました。2014年7月、ニホンジカについての情報交換(当会、常葉大学、静岡森林管理署)で、草原に植生保護柵を設置する必要があることを確認し、2015年10月、常葉大学、静岡森林管理署と協働で植生保護柵を設置しました。設置翌年には柵の効果が確認され、2016年8月、柵内外のコドラートによる植生調査を実施し、経過とともにまとめました。
区切り線
平成27年度
区切り線
2016年3月 ハンドブック・富士山御殿場口雪代堆積地の侵入植物
ハンドブック・富士山御殿場口雪代堆積地の侵入植物(PDF 14600K)

 2014年11月から2015年10月まで7回にわたる調査で記録した進入植物に、富士山自然誌研究会の記録を加えた91種を掲載しました。91種の内、外来種は28種、「ヒメスイバ」の繁殖「ビロードモウズイカ」の進入なども確認され、かなり危機的な状況であることが分かります。初版は当会の調査で記録されなかった植物の写真が無いものがあり、資料写真、図鑑参照としていますが、PDF版は順次改定しており、2016年以降に記録した侵入植物も加える予定です。尚、このハンドブックは侵入植物を駆除するために作成したものですので、植栽された非在来植物は掲載しておりません。詳しい情報は冊子「富士山御殿場口の自然環境と課題」を参照してください。

区切り線
2016年2月1日(改定) 御殿場口雪代堆積地の侵入植物調査
御殿場口雪代堆積地の侵入植物調査(PDF 153K)  この調査は当会と御殿場市環境課による御殿場市市民協働型まちづくり事業「御殿場口の外来植物及び侵入植物を除去するためのハンドブック作成」のため実施したもので、調査は地権者および管理者の許可を得て実施しました。同区域の一部において過去に記録された侵入植物については富士山自然誌研究会の記録を使用しています。
調査日 2014年11月15日(予備) 2015年5月27日・5月31日(補足)・6月20日・7月19日・9月6日・10月4日
協力(敬称略)
元静岡県自然環境調査委員会植物部会会員 佐藤孝敏 (調査・同定・総括)  富士山自然誌研究会植物部会 大嶋章 大嶋よし子 (調査・同定)  フジフォレストクラブ 佐藤政幸 石川美智子 (調査補助および写真) 資料協力 富士山自然誌研究会 (2001年および2010年の記録)
区切り線
2015年9月15日 大蔵高丸植生保護柵見学 2015
大蔵高丸植生保護柵見学2015(PDF 280K)  前年に引き続き草原の回復状況を確認すると共に、新たに採用した金属柵の設置状況及び今後の整備計画について調査を行いました。半場氏の説明によると金属柵の南東の大谷ケ丸の草原(標高1,755メートル)に新たに周囲5キロの防護柵を設置したい旨、市に要請しているとの熱い気持ちが語られました。大蔵高丸の活動は、草原に本来の植生を取り戻そうとするもので、行政と連携した取り組みは、大変貴重な事例であり、市民活動の原点を確認できたように思います。純粋な思いを我々も一層培って参ります。また、粟井英朗環境財団の粟井晶子代表理事には見学会に参加を頂き、我々の取り組みや、抱える課題等について共有しご理解を頂き感謝致します。
区切り線
平成26年度
区切り線
2014年11月15日 富士山南東斜面の自然環境と植栽活動について
富士山南東斜面の自然環境と植栽活動について(PDF 4730K)  2010年8月、御殿場口で行われた富士山自然誌研究会主催の合同フィールドワーク(一般参加)において、観察ルート上で27種の侵入植物が確認されました。同会が2001年に調査した記録では9種であったことから侵入種が急激に増加していることが判明しました。この結果を受け、同所で植栽活動を行ってきた東京電力三島営業所は、2011年度に侵入種の実態調査を計画しましたが、2011年3月、東日本大震災が起こり環境活動を休止したため調査が実施されることはありませんでした。2014年11月、当会は静岡県が実施中の各登山道の外来種生息状況調査への協力要請を受けたのを機に御殿場口周辺の侵入植物調査を行いました。その結果、ビロードモウズイカなどの外来種11種と植栽された2種を含む30種以上の侵入種を確認しました。植栽樹の根元および周辺部に侵入種が特に多いことが確認されました。
区切り線
2014年10月30日〜11月17日 旧須山口周辺の防護ネット設置事業中間報告
旧須山口周辺の防護ネット設置事業中間報告(PDF 1600K)  富士山の森林ではニホンジカによる樹皮の被食によりウラジロモミ、キハダなどが次々に立ち枯れています。旧須山口登山道沿いには、多数のウラジロモミ大径木がありますが、このまま放置すると被食被害が拡大して立ち枯れし、枯れ枝の落下、倒壊等により歩道利用者に危険が及ぶことも危惧されます。当会は2013年、被食樹の保護と立ち枯れによる危険防止のため樹皮への保護ネット設置を静岡森林管理署に提案し、同署はこの提案を受けて、 2014年度に資材を調達し当該年度の事業として保護ネットを設置するに至りました。この事業は登山道管理者の御殿場市の了解を得て静岡森林管理署、常葉大学との協働で実施し、常葉大学の社会環境学部新入生の自然保護活動体験などとして現在も継続しています。
区切り線
2014年10月21日 赤谷プロジェクト現地見学リポート
赤谷プロジェクト現地見学リポート(PDF 1070K)  赤谷プロジェクトは地域住民(赤谷プロジェクト地域協議会)と日本自然保護協会、林野庁関東森林管理局が協働で森林の生物多様性復元と持続的な地域づくりに取り組んでおり、私たちNPOと同じ目的の先進プロジェクトてす。プロジェクトの総合事務局の日本自然保護協会を通じて林野庁関東森林管理局赤谷森林ふれあい推進センターに自然林復元の現地見学をお願いしました。カラマツとスギの人工林を幾通りかの方法で伐採し、現在は経過を観察しているところです。スギの人工林を大面積で伐採した部分では隣接する天然林との境界部分に陰樹が成長できる環境がみられました。50台以上のセンサーカメラによる動物調査、コウモリを多様性復元状況の目安と位置づけて生息状況を観察するなど、事業の運営方法などとともに、わたしたちの生物多様性復元の取り組みの貴重な参考となりました。
区切り線
2014年9月8日 大蔵高丸植生保護柵見学 2014
大蔵高丸見学2014.(PDF 830K)  大蔵高丸は甲府盆地の東側に位置し、甲州市側の標高1,650mの湯ノ沢峠まで車道があり、そこから数分歩くと草原に出ます。尾根筋は草原と森が混在し、歩道にはロープが張られて草原が保護されています。あちらこちらに富士山では希少種のコウリンカが咲き残っていました。環境省自然公園指導員の半場氏が初期に試験的に設置された小さな柵は周辺部とは全く異なる見事なお花畑になっていました。かつてはこの草原全てにこのようなお花畑が広がっていたそうです。柵の効果とニホンジカによる被食被害の実態がよく分かりました。大蔵高丸のさらに奥には甲州市が新たな防護柵を設置する草原が広がっていました。半場氏が試験的に設置した防護柵の効果が地元行政を動かし、植生保護の流れが確かなものになりました。
区切り線
2014年6月14日 旧水ヶ塚遊歩道・東臼塚予備調査
旧水ヶ塚遊歩道・東臼塚予備調査(PDF 900K)  東臼塚遊歩道は1996年(平成8年)の 台風によって散策路が風倒木で塞がれたため通行不能となり、コースを整備してきた沼津営林署の 廃止などもあり周遊コースは再開されることなく現在に至っています。コース上に年代が異なる溶岩流や寄生火山が存在するため森林も変化に富み、多くの野鳥が生息しています。ここには富士山の中腹には珍しい貴重な草原と植生がありますが、コウリンカなどの希少種は鹿に食べられてしまいすでに見られなくなり、イワシモツケも消滅寸前となってしまいました。この貴重な植生をニホンジカから保護する必要性を痛感しました。
区切り線
平成25年度
区切り線
2013年10月5日  渡邊定元農学博士講演会「富士山の森の再生とホシガラスの役割」
渡邊定元農学博士講演会  NPO法人ホシガラスの会設立・富士山世界遺産登録記念を記念し、当会の学術顧問であり、元東京他大学教授渡邊定元農学博士(富士学会会長)による講演会を実施しました。この講演会は御殿場市市民協働型まちづくり事業「はじめの一歩」として実施しました。また、富士山の生物多様性をテーマにしたパネル約100枚を作成し、会場に展示しました。
スペーサー
Copyright (C)2013 - 2018 特定非営利活動法人富士山の森を守るホシガラスの会