NPO法人富士山の森を守るホシガラスの会
スペーサー
枠上
Home
枠下
スペーサー
枠上
活動の背景
枠下
スペーサー
枠上
活動記録
枠下
スペーサー
平成30年度活動記録
スペーサー
平成29年度活動記録
スペーサー
平成28年度活動記録
スペーサー
平成27年度活動記録
スペーサー
平成26年度活動記録
スペーサー
平成25年度活動記録
スペーサー
枠上
この会について
枠下
スペーサー
枠上
入会申し込み
枠下
スペーサー
枠下
お問い合わせはこちらへ
枠下
スペーサー
枠下
サイトマップ
枠下
スペーサー
-

ホシガラスくん

-
ホシガラスって?
-
富士山御殿場口の自然環境と課題・植樹
-
御殿場口雪代堆積地の侵入植物
-

前ページTOPページ次ページ
2019年8月29日 御殿場口侵入植物の駆除活動
No1のコドラート調査終了後に調査班と駆除班に分かれて侵入植物の駆除を実施しました。植樹された苗の根本から麓の畑からの侵入植物が発芽しているのがたくさん見られました。最も多く植樹されているイヌコリヤナギも自生種ではありません。

写真左=植樹された苗の根本から発芽した侵入植物を除去 写真中=外来種のヒメスイバを根絶することは困難 写真右=駆除活動チーム

スペーサー
2019年8月29日 御殿場口植生調査
2016年に5m×5mのコドラートを設定して植生調査した部分の追跡調査を実施しました。御殿場口新5合目に近いNo1とNo2の柵では過去に植樹が行われていたことがわかっていましたが、再び植樹が行われていました。コドラート部分を含めた周辺部にはイヌコリヤナギが大量に植樹されましたが鹿が大部分の葉を食べていました。No3,4のコドラートは雪代で埋没し、流されてきた根からイタドリが芽吹き、フジアザミが小さな芽を出していました。

写真左=イヌコリヤナギの植樹が行われ杭が不明に 写真中=No1のコドラート 写真右=雪代で埋没したNo3,4のコドラー付近

スペーサー
2019年8月21日〜9月3日(午前) ふらっと展
御殿場市民活動支援センター主催の「フラット展」に参加し、パネルを展示しています。
4回目の参加となる今年は、御殿場口の環境保全をテーマに、御殿場口の植樹活動によって火山荒原本来の自然環境が壊されていく現状を展示しました。

スペーサー
2019年7月7日 親子で学ぼう! 富士山の自然
御殿場市市民活動支援センター主催のイベント「親子で学ぼう! 富士山の自然」を当会が全面担当して実施しました。当会としては初めてイベントに本格的に取り組みました。
富士山の動物の紹介、火山の勉強などのスライドを見てから、見る、聴く、触るなどの感覚と、ルーペや磁石などの道具を使ったクイズに挑戦、最後は枯れ木や木の実などを使ったクラフトづくりなど、約2時間のイベントでした。

スペーサー
2019年6月15日・16日 玉穂ふれあい文化展
恒例となった玉穂ふれあい文化展に参加しました。
今年は御殿場口の植物の紹介と、侵入植物による自然環境の危機を啓発する展示にしました。

スペーサー
2019年6月2日 総会と講演会を開催
第7期通常総会を開催しました。新会員と団体会員の加入で会員数は増え、約70になりました。
総会終了後に、静岡森林管理署の森林技術指導官山本義久氏による「国有林の現状について」の講演会を行いました。

スペーサー
2019年6月1日 ecoまつり
御殿場市とNPO法人エコハウスの共催による「第24回 ecoまつり」に参加し、地元御殿場口の自然環境を脅かす外来植物・侵入植物とゴミの影響などを知っていただくため、パネルや野鳥の巣などを展示しました。サブタイトルの「エンジョイ!エコ」と私たちの活動がイベントの趣旨に合うものか心配しましたが、若林市長が開会挨拶の中で私たちの活動を取り上げたため、多くの見学者がありました。

写真左=若林市長開会のあいさつ 写真中=展示コーナー 写真右=抽選会

スペーサー
2019年5月18日 講演会(玉穂婦人会)
地元婦人会で「富士山・自然環境と現状」をテーマに講演を行いました。

スペーサー
2019年5月16日 水ヶ塚遊歩道の測量
遊歩道復活のための測量をGPS、みちびきなどに対応した複数のレシーバーを使い、裾野市、静岡森林管理署と協働で実施しました。溶岩流区域は杭を打つことができるか心配しましたが、問題なく作業が進み、予定していた測量を一日で完了することができました。

写真左=ルートの分岐点に杭を設置 写真中=ルートに無い脇道は塞ぐ 写真右=腰切塚火口

スペーサー
2019年5月9日 御殿場市区域の柵の点検と調査、センサーカメラデータ回収
旧須山口周辺と南山林道沿いの6基の植生保護柵の点検と、各部の土壌水分調査、センサーカメラのデータ回収を行いました。6基のうちの一つは昨年の雪代で破損してしまい、撤去するか修理するかを検討中です。

写真左=2013年に設置した柵 写真中=柵に掛かった風倒木を除去 写真右=土壌水分量調査

スペーサー
前ページTOPページ次ページ

- Topics Board -

スペーサー
記録・調査報告・冊子など
2019年7月
富士山学習シリーズ(1) 須走口標高2,000mの草原と森林 宝永噴火から再生する森(16700K)
2019年5月
富士山自然保護活動の概要 平成30年度版(1900K)
2019年3月
富士山南東斜面における長期動物調査(102000K)
2019年3月
ウラジロモミ人工林の混交林化計画 中間報告(2700K)

平成31年2月
地元企業への事業支援記録・日立ハイテクサイエンス小山事業所JHEP認証事業
(PDF 18700K)

平成30年7月
富士山御殿場口の自然観察(PDF 3990K)

平成30年3月
富士山御殿場口の自然環境と課題(PDF 41620K)
平成29年2月
御殿場口雪代堆積地の温度変化
(PDF 858K)
平成29年2月
御殿場口雪代堆積地の植生調査と侵入植物除去活動(PDF 3240K)
平成28年12月
富士山国有林須山口周辺部の活動と植生保護柵の効果(PDF 2230K)

平成28年10月4日(改定10/19)
東臼塚草原植生保護柵の効果・中間報告(PDF 1240K)

平成28年3月
ハンドブック・富士山御殿場口雪代堆積地の侵入植物(PDF 14600K)
平成28年2月1日(改定)
御殿場口雪代堆積地の侵入植物調査(PDF 153K)
平成27年9月15日
大蔵高丸植生保護柵見学(PDF 280K)
平成26年11月15日
富士山南東斜面の自然環境と植栽活動について(PDF 4730K)
平成26年10月30日〜11月17日
旧須山口周辺の防護ネット設置事業中間報告(PDF 1600K)
平成26年10月21日
赤谷プロジェクト現地見学(PDF 1070K)
平成26年9月8日
大蔵高丸植生保護柵見学(PDF 830K)
平成26年6月14日
旧水ヶ塚遊歩道・東臼塚予備調査(PDF 900K)

平成25年10月5日
渡邊定元農学博士記念講演会NPO法人ホシガラスの会設立
富士山世界遺産登録

スペーサー
Copyright (C)2013 - 2017 特定非営利活動法人富士山の森を守るホシガラスの会