NPO法人富士山ホシガラスの会
スペーサー
枠上
Home
枠下
スペーサー
枠上
活動の背景
枠下
スペーサー
枠上
活動記録
枠下
スペーサー
令和元年度活動記録
スペーサー
平成30年度活動記録
スペーサー
平成29年度活動記録
スペーサー
平成28年度活動記録
スペーサー
平成27年度活動記録
スペーサー
平成26年度活動記録
スペーサー
平成25年度活動記録
スペーサー
枠上
この会について
枠下
スペーサー
枠上
入会申し込み
枠下
スペーサー
枠下
お問い合わせはこちらへ
枠下
スペーサー
枠下
サイトマップ
枠下
スペーサー
-

ホシガラスくん

-
ホシガラスって?
-
富士山御殿場口の自然環境と課題・植樹
-
御殿場口雪代堆積地の侵入植物
-

前ページTOPページ次ページ
2020年11月8日 イチイ群落に樹皮防護ネット設置
旧東臼塚低山帯植物群落保護林のイチイ(アララギ)に食害が発生しているため樹皮防護ネット掛けを実施しました。遊歩道沿いの13本に設置、次年度以降も設置する予定です。

写真左=柵を点検 写真中=樹皮防護ネット(サプリガード)を設置 写真右=参加メンバー

スペーサー
2020年10月25日 麓のナラ枯れ
麓のコナラの被害状況を確認。青少年交流の家ではコナラ、ミズナラの被害が深刻。馬頭塚のコナラ林も来年、大量枯死が予想されます。

写真左=青少年交流の家 写真中=馬頭塚 写真右=まだ枯れていないコナラにもカシナガ穿入の穴とフラスがみられた

スペーサー
2020年10月18日 柵の点検とセンサーカメラを設置
これまでに使用した動物用センサーカメラは大部分が使用不能となっていたため、今年度、御殿場市の補助金でセンサーカメラを導入しました。来年度から再び長期調査に入る予定です。今回設置したカメラは12月にデータ回収を行う予定です。

写真左=須山口No4の柵 写真中=ミズナラの巨木にもカシナガが 写真右=センサーカメラ

スペーサー
2020年9月28日 ブナのDNA検体採取
過去に行われた森づくりなどで、県外からの苗が大量に植栽されたことが分かっています。その一部のブナと富士山のブナのDNAを確認するための検体採取を行いました。1検体採取するごとに手袋を変えるという厳格な方法で行います。

写真左=葉の大きさが2倍ほどもあるブナ 写真中=列状に植えられたブナ林 写真右=天然林のぶなからも採取

スペーサー
2020年9月25日 照葉樹林のナラ枯れ
富士山ホシガラスの会の事務所近くに貴重な照葉樹林があり、その林の主な樹種はアカガシなのですが、心配した通りカシノナガキクイムシのフラスが大量にみられました。

写真左=この地域には唯一ともいえる照葉樹の林 写真中=カシナガのフラス 写真右=近くの川岸のアカガシにも

スペーサー
2020年9月25日 西臼塚ふれあいの森調査
富士山クラブの皆さんと、西臼塚協定林での次年度以降の事業計画作成のための現地検討を行いました。この森の天然林部分でこの森のシンボルともなっているミズナラの巨木にカシノナガキクイムシの大量のフラス(木くずの粉)が見られ、残念ながら枯れるのはほぼ確実になりました。

写真左=苗を育てるエリア 写真中=ミズナラの巨木 写真右=富士山クラブの皆さん

スペーサー
2020年9月21日 水ヶ塚植生保護柵の植物調査
常葉大学名誉教授の山田辰巳名誉教授と同大ビオトープ研究会の皆さんとともに、昨年設置した植生保護柵の毎木調査とコトラーとによる植生調査を実施しました。毎木調査は柵内の樹木の種類、位置、幹周り、樹高を記録。コドラーと調査は柵内に2箇所、柵外に1箇所の2×2mの区画を設け、その中の全植物と量を記録します。そのデータを基礎データとして数年間隔でモニタリングを行います。

写真左=佐藤氏の説明を聞きながら現地へ 写真中=毎木調査 写真右=参加者の皆さん

スペーサー
2020年9月16日 ナラ枯れセミナーに参加
YMCA東山荘で神戸大学大学院の黒田慶子教授と行政担当者による「ナラ枯れはなぜ増えたのか どう対応するのか」が開催されました。当会も昨年からナラ枯れの調査を続けていることからこれを聴講し、その後の質問にも答えていただきました。
コナラは50%は生き残る。ミズナラは多くが枯れるが標高1,200mあたりまで(富士山の1,500mは新記録とのことでした)。5年で収束するが拡大が早いと2年程度で収束することもある。枯れた木は翌年から枝が落ちるなど非常に危険。枯れたコナラはホダ木にすると翌年から椎茸が獲れる。シイタケ菌が材内に入るとカシノナガキクイムシが餌とする共生菌(ナラ枯れ菌ではない)が生育できなくなり、中に入っているカシナガの幼虫が餓死するので、100%ではないが翌年出てくるカシノナガキクイムシを減らすことができるなど、たいへん参考になりました。

写真左=主催者挨拶 写真中=黒田教授と静岡県農林関係の皆さん 写真右=黒田教授の講演

スペーサー
2020年9月12日 ナラ枯れの状況調査
これまで何度も観察会を行ってきた御殿場市内の雑木林をドローンで空撮し、ナラ枯れの状態を記録しました。写真は枯れたコナラの分布がわかるように加工してあります。非常に深刻な状況であることが分かります。

写真左=「御殿場・水土野自然の森」中心付近に昨年枯れたコナラが確認できる 写真中=キリンディスティラリーズ北側 写真右=小山町方面

スペーサー
2020年8月30日 ドローンによる御殿場口の調査
ドローンの指導を池田真人氏にお願いして、御殿場口に設置したコドラートを中心に空撮による環境調査を御殿場市環境課と協働で実施しました。池田氏は富士山自然誌研究会が2018年10月に実施した「ドローンを使用した環境調査の講習(本活動記録参照)」の講師です。

写真左=No1のコドラートから開始 写真中=No1のコドラート上空より・コドラートの中までイヌコリヤナギが植えられたが葉は全て鹿に食べられている 写真右=参加メンバー

スペーサー
前ページTOPページ次ページ

- Topics Board -

スペーサー
記録・調査報告・冊子など
2020年2月
富士山御殿場口の自然環境と課題 2020年改訂版
(PDF 41800K)
2019年12月
ウラジロモミ人工林の混交林化計画 調査報告(1200K)
2019年7月
富士山学習シリーズ(1) 須走口標高2,000mの草原と森林 宝永噴火から再生する森(16700K)
2019年5月
富士山自然保護活動の概要 平成30年度版(1900K)
2019年3月
富士山南東斜面における長期動物調査(102000K)
2019年3月
ウラジロモミ人工林の混交林化計画 中間報告(2700K)

2019年2月
地元企業への事業支援記録・日立ハイテクサイエンス小山事業所JHEP認証事業
(PDF 18700K)

2018年7月
富士山御殿場口の自然観察(PDF 3990K)

2018年3月
富士山御殿場口の自然環境と課題(PDF 41620K)
2017年2月
御殿場口雪代堆積地の温度変化
(PDF 858K)
2017年2月
御殿場口雪代堆積地の植生調査と侵入植物除去活動(PDF 3240K)
2016年12月
富士山国有林須山口周辺部の活動と植生保護柵の効果(PDF 2230K)

2016年10月4日(改定10/19)
東臼塚草原植生保護柵の効果・中間報告(PDF 1240K)

2016年3月
ハンドブック・富士山御殿場口雪代堆積地の侵入植物(PDF 14600K)
2016年2月1日(改定)
御殿場口雪代堆積地の侵入植物調査(PDF 153K)
2015年9月15日
大蔵高丸植生保護柵見学(PDF 280K)
2014年11月15日
富士山南東斜面の自然環境と植栽活動について(PDF 4730K)
2014年10月30日〜11月17日
旧須山口周辺の防護ネット設置事業中間報告(PDF 1600K)
2014年10月21日
赤谷プロジェクト現地見学(PDF 1070K)
2014年9月8日
大蔵高丸植生保護柵見学(PDF 830K)
2014年6月14日
旧水ヶ塚遊歩道・東臼塚予備調査(PDF 900K)

2013年10月5日
渡邊定元農学博士記念講演会NPO法人ホシガラスの会設立
富士山世界遺産登録

スペーサー
Copyright (C)2013 - 2020 NPO法人富士山ホシガラスの会